Home Improvement

本当に大丈夫?住みたいフロアに問題はないですか

マンションの低層階に住む

マンションと言えば、低層型のタイプもありますが、高層型のタイプもあり、15階建てぐらいの物件は珍しくありません。こういったマンションに住む場合には、どのフロアに住めば良いか悩む人もいることでしょう。1階から3階ぐらいまでの低層階に住むと外部との行き来がしやすくて便利だと考える人もいるでしょうが、防犯面で不安が出ることもあるでしょう。また、物件によっては、低層階に事務所や店舗が入っており、住戸フロアは4階ぐらいからになっていることもあります。

高層階のメリットとは何か

マンションの高層階のメリットと言えば、やはり景色の良さが挙げられますが、最上階だからと言って、どこのマンションでも景色が良いわけではありません。街が魅力的でなければ、大して魅力を感じませんし、高さが10階から15階ぐらいであれば、大して驚きもないものです。住戸の高さとしては、最初は新鮮かもしれませんが、このぐらいの高さであれば飽きてしまって何とも思わなくなることもありますから、高層階に固執しなくても良い場合もあります。

中層階は中途半端かどうか

マンションの中層階となると、低層階のような移動のしやすさもなければ、高層階のような景色の良さもありません。ですから、中途半端なイメージを持つ人がいるかもしれませんが、フロアによっては景色はそこそこ良くて開放的ですし、移動の際もエレベーターだけでなく、階段も下りならストレスなく移動できて便利なものです。また、予算的な問題でも高層階より安かったりしますから、意外とバランスが良い位置であると考えられます。

函館のマンションは、駅から近いですし、近くには商業施設もあるので、快適に暮らすことができますし、防犯性にも優れているので、安全な生活を送れます。