Home Improvement

初めての賃貸物件探して知っておきたい基礎知識

隣人トラブルに注意すべし

初めての一人暮らし、そのための賃貸部件探しは楽しいですよね。ただ、気持ちよく暮らせるようにいくつか注意すべきことがあります。まずは隣人トラブルに注意すべしです。アパートやマンションは隣とは壁一枚しか隔たれていません。構造によっては音が聞こえにくい物件もありますが、壁一枚なので生活音が入ってくることがあります。あまりにうるさくすると苦情が来ることがあるので、早朝や深夜の騒音はもちろん、日中もあまりに騒ぐのはやめましょう。

更新料の有無をしっかり確認すべし

また、長く住む可能性があるなら更新料の有無を確認しておきましょう。2年毎の更新で、更新月には1ヶ月、もしくは2か月分の家賃が更新料としてかかるケースがあるので、その物件はどうなのか確認しておきましょう。家賃が6万円として更新料が家賃1ヶ月分となると、更新月には家賃の2倍の12万円かかることになります。新しい物件を探して住み替えるよりは安く済むことが多いですが、更新月の引き落としには注意することです。

部屋はきれいに使うべし

賃貸物件に住む上で注意したいのが部屋や備品をきれいに使うことです。管理会社によっても異なりますが、少し傷をつけただけでもお金が取られることがあります。特に床や壁などに傷をつけないように注意しましょう。また予めあった傷に関しては日付が入る写真をとって自分がつけたわけではないことを証拠として残しておくといいでしょう。床の傷を予防でおすすめがカーペットを敷き詰めることです。これで素足であるいても温かいですし、そのまま横になれるなど機能性にも優れていますし、なにより傷が付きにくいので、安心です。

賃貸住宅で一人暮らしを始める人は、セキュリティのしっかりした物件を選びましょう。オートロックのような基本的な設備だけでなく、防犯カメラが設置されていたり、管理人常駐のところですとなお安心です。