Home Improvement

持ち家よりも暮らす価値がある!賃貸の特性

結婚後のライフプラン

結婚して子供をもうける予定の夫婦であれば、先々の事を考えて持ち家を購入したくなるものです。持ち家であれば間取りが広いですから、大人数で暮らしてもストレスになりません。一方子供は最終的に自立して行くのが普通ですから、ライフプランを考える場合長期的な視野に立つ事が大切です。夫婦二人暮らしで生活して行く上で持ち家は逆に間取りが広すぎる危険性があります。一方賃貸住宅であれば家族の人数に合わせて住居を変える事ができるので便利です。

賃貸物件はマンションだけじゃない

持ち家を購入したい人の中には、庭いじりをするために一軒家を必要とする方々もおられます。一方庭いじりは一時だけの事ではなく、オールシーズン行なう必要がある作業です。夏の暑い日も冬の寒い日も庭いじりができるのかどうか良く考える必要があります。もしも庭いじりをする気力と体力がなくなってしまった場合、賃貸の一軒家であればすぐに引っ越す事が可能です。お試しで庭を持ってみたい人は、一軒家を購入するのではなく賃貸で選ぶようにしましょう。

遺族の事を考えた住まい

持ち家と賃貸住宅の最も大きな違いと言えば、資産価値の問題が挙げられます。持ち家は保有者の死後遺族が相続できますが、賃貸の場合そうではありません。住人が亡くなった場合、引き払われるのが普通です。一方遺産として残された持ち家が負の財産になるケースもありますので注意が必要です。特に家が売れない場合や経年劣化している場合、持ち家は逆に支出を増やしてしまうのです。後に残される世代に面倒を背負わせないためにも、賃貸住宅は便利な住まいです。

札幌市中央区の賃貸マンションは、子供を一人で留守番させないといけないときでも安心なテレビモニター付きのインターホンが防犯セキュリティとして取り付けられています。