Home Improvement

元気だからこそわかるうちに決めておきたい老人ホーム

老後の行き方について

老後にどう生活するのか、元気なうちに具体的に考えることはないかもしれません。しかし、まだまだ若いと思ってもいつ何が起こるかわかりません。そんな時に慌てないように、元気な頃から老後の計画をするべきです。今持ち家に住んでいて死ぬまでここでという方も多いかもしれません。ぽっくり逝けばいいですが、要介護状態になって在宅介護となると残された家族に大きな重圧がのしかかります。それを考えると、万が一の際は老人ホームも選択肢に入れるべきです。

老人ホームにも色々な種類がある

老人ホームというと病院の大部屋のような部屋を想像されるかもしれません。確かに、そういった部屋がある老人ホームもありますが、最近作られたものではほとんどが個室、もしくは二人部屋となっているのです。そのためプライバシーが心配という方でも安心ですし、何より介護のプロに24時間見守ってもらえるので安心して生活できるのです。また、最近では老人ホームというよりも、高齢者用マンションというタイプの老人ホームも登場しているので、プライバシーが心配な方にはもってこいです。

元気で正しい判断ができるうちに決断を

いざ介護が必要になってからどの老人ホームにするか決めようと思っても無理です。正常な判断ができればいいですが、認知症が進んでしまったらそれもできません。そうなると家族などの後見人の指示に従うほかなくなってしまいます。それを避けるために、元気な今のうちに将来入りたい老人ホームをいくつかリストアップしておくといいでしょう。写真と実物は違うことが多いので、気になるところは実際に現地に見学に行って確かめるのもいいかもしれません。

川崎市の老人ホームでは、看護師や機能訓練指導員、介護職員など多くの職種を募集しているので応募しやすいです。