Home Improvement

一工夫が生活を大きく変える!賃貸選びのコツ

大家さんとの関係性の問題

賃貸物件と持ち家の大きな違いと言えば、「返却」に存在しています。賃貸物件は人様の持ち物を借りて暮らす住まいですから、最終的には返却しなければならないのです。だからこそ住人は住まいの管理責任を免れますし、設備に問題があった場合大家さんが修繕の責任を背負ってくれます。もしも賃貸物件での暮らしをより良いものにしたい場合、大家さんとの相性には気を付けるようにしましょう。特に身近な場所に大家さんの住まいがある場合、日常的に顔をあわせる事になりますので重要なポイントです。

退去時のメリットを考える

賃貸物権から退去する場合、大家さん立ちあいの下で部屋のチェックを行います。この時、別段部屋に異常がなければ入居前に支払った敷金は満額返却されるのです。賃貸物件で暮らす場合、できるだけ家を破損しないように注意しましょう。丁寧に生活すればするほど退去時に返って来るお金も大きくなるのです。また賃貸に入居する際気になる破損を見付けた場合は写真に撮っておきましょう。退去時に無駄な修繕費用を請求されずに済みます。

安全な賃貸物件を探す

賃貸物件の暮らしやすさを決めるのは内装だけでなく、周辺環境も大きなポイントです。近隣に騒音を出す人がいたり異臭の発生源がある場合、自宅は気の休まる場所ではなくなってしまいます。賃貸物件を借りる際はあらかじめ「環境」をチェックしておきましょう。マンションの壁に汚れや落書きが酷い場合は注意が必要です。また住人達のポストが破損している場所も悪質な人間が出入りしている可能性がありますので入居を避けましょう。

環境モデル都市に認定されている帯広市は、基幹産業の農業をはじめ食品加工などの製造業も盛んとなっています。帯広市は札幌市などに比べると自然も多いため、帯広市の賃貸は比較的家賃が安い傾向にあります。